本サイトについて

100万人を超えたうつ病患者。これまで「心のカゼ」と呼ばれ、休養を取り、抗うつ薬を服用すれば半年から1年で治ると考えられてきましたが、現実には4人に1人は治療が2年以上かかり、半数が再発するといわれています。このサイトでは、うつ病の症状・診断・治療を克服者が教えています。医者も使ってるうつチェックで、 鬱病自己診断にズバっと決着しましょう。鬱病を治す・うつ病が治った・うつ病はどうすれば治るのか? うつ病の治療方法は? 抗うつ薬の効果や副作用について疑問に答えていきます。また、どんな治療法が一番効果的だったかなど。。。。うつ病治療の前には、症状・診断・原因・病院の選び方・抗うつ薬・治療方法・家族の接し方などについて知る事が大切です。

うつ病を克服する効果的な方法

有病率は1〜5%、 生涯有病率は20%と言われている「うつ病」。
そんな時代に 薬を使わず副作用の心配もなく、 ただの経験論ではない 正真正銘の精神科医による「うつ」克服法が登場しました。

多くの方が間違っている「うつ」を悪化させる改善方法とは? あの治療法は逆効果です。

会社に行きたくない… 人に会いたくない… 夜、熟睡することができない… 自分を責めまくる… そんな状況から開放される方法を 現役精神科医が、お教えします!

日常生活で時に出現する、ブルーな気分とは異なり、うつ病での気分の落ち込みは放って置くと、どんどん悪化しやすくなります。抗うつ薬によって、消耗した心のエネルギーを回復する必要があります。

今、 精神科や心療内科がとても混雑しています。
5分の診療のために1〜2時間待たされることもザラだし、 予約は1ヶ月先までとれない・・・なんて病院も多いようです。

長引く不況、人間関係、格差社会などなど、 この残念な盛況を生む私立ちのストレスの原因を上げれば 枚挙に暇がありませんが、 今さら社会が悪い、格差社会が悪いなどと言ってみても仕方がありません。

ただひとつ言えるのは、 今は精神科や心療内科が大繁盛…そんな時代だということです。
今回ご紹介する教材は 今という時代が望む「うつ克服法」です。
とはいえ、今回ご紹介するものは よくある「うつ改善法」とは全くレベルの違うものです。
『私はこうして「うつ」を克服しました」といった体験論的な 「うつ」克服法はよくありますが、 今回ご紹介する 【薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】 は、文字通り現役精神科医によるノウハウです。
薬を使わなくても自宅で「うつ」が自然に改善され、 人間関係の悩みやストレスからも解放されて楽になれる方法が、 現役精神科医という立場から実践的に解説されています。

「うつ病」以外の病名でも,多くのメンタル疾患の症状には共通点がとても多いことが解っています. 脳内の神経伝達メカニズムに支障をきたすことから,うつ病の症状や治療方法とも似通ってくるわけです。

薬を使わなくても“うつ”が自然に改善され、 人間関係の悩みやストレスからも解放されて楽になれた方法とは? こちらのページであますところなく語られています。

うつ病を治療薬を使わずに治療する方法には、催眠療法や心理カウンセラーのカウンセリングを受ける方法がありますが、時間とお金がかかります。時間もお金も出来るだけかけずに、うつ病を克服するならこの方法ですね。

抗うつ薬による弊害、副作用

先にもお話したとおり、 「うつ」は心の風邪と呼ばれるくらい 今では一般的な病気とされています。
とはいえ、肉体的な症状の出ない心の病は なかなか他人には理解してもらえないのも事実。
「うつ」の症状がどんなに苦しくても 他人目にはただの怠け者としか映らないことがほとんどで、 このため本人は更に「うつ」が進行してしまうという悪循環に陥りがちです。
そしてもう一点、非常に深刻な問題が付随します。
それは抗うつ薬による弊害です。
一般的な薬物療法は一時的に症状を抑えこんでしまうため、 逆にその根本原因を解消することから遠ざかってしまうという危険も生じます。
更に、抗うつ薬は一般的なものでさえ、中には自殺を誘発してしまうような 深刻な副作用をもたらすものがあります。
それほど深刻なものでなくても、薬に頼らなければ眠れなくなってしまったり、 いつも薬を持ち歩いていないと余計に不安感が増加してしまったり、 抗うつ薬には様々な副作用が伴うことが、 「うつ」を一層深刻な問題にしています。
先日もテレビのニュースで抗うつ薬の不法売買が取り上げられていましたが、 抗うつ薬はその効果の反面、麻薬にも近い危険性があることも否めない事実なのです。
「うつ」の苦しみがどれほどつらく苦しいものなのか、 なんとなくでも想像していただけたのではないでしょうか?

会社に行きたくない… 人に会いたくない… 夜、熟睡することができない… 自分を責めまくる… そんな状況から開放される方法を 現役精神科医が、お教えします!

薬を使わないで、うつ病の症状を治療する方法

【精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】は 薬を使わない精神科医としてテレビをはじめ数々のメディアでも紹介された 医師 宮島賢也が自らが「うつ」を患った経験を踏まえて構築した、 画期的な「うつ」克服法です。
「うつ」を病気として捉えるのではなく、 「これ以上無理をし続けてはいけない」と、体が発する「警報装置」だと捉え、 「食生活」、「心理学」、「考え方」という3つのポイントを改善することで 「うつ」を根本から改善する方法です。
「うつ」の症状に苦しみ、抗うつ薬の弊害に苦しむ多くの方が待ち望んでいた 安心で安全な「うつ」克服法、それが 【精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】なのです。

「うつ」をあきらめないでください! 薬の副作用に悩まされることなく、 楽に生きていける方法を 現役精神科医が具体的にアドバイスします。

さて、ここまでお読みいただき、 安心・安全な「うつ克服法」の秘密を知った 諏訪 好様へお願いです。 この【精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】を、 あなたがお持ちのメディアにて紹介していただけないでしょうか? 突然の非礼をお詫びいたします。

私は、守屋信一郎と申します。 私がご紹介している【精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】の著者 宮島賢也氏は自ら「うつ」に悩み苦しんだ経験を持つ現役の精神科医です。

彼は自らの経験から薬でうつは治らないという結論に至り、 「薬を使わない精神科医」として独自の「うつ克服法」を構築し、 現在も現役精神科医としてこの独自のメソッドで 「うつ」に悩む数多くの患者さんを治療しています。

「私の元に直接来ることのできない方々など、ひとりでも多くの人に 『自己メンタルセラピー』の効果をお伝えしたい」という、宮島先生の強い気持ちから この度 【精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座】 が発売されました。

「うつは自分自身で治すことができる」 ということと、 「このメソッドならばもう薬の副作用に苦しまなくても済む」 ことを再度説明させていただきます。

うつ病の薬はもういらない!最後のうつ病克服の治療法
抗うつ薬による弊害、副作用
薬を使わないで、うつ病の症状を治療する方法
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品