サーチュイン遺伝子を活性化する方法

サーチュイン遺伝子とは?

サーチュイン遺伝子とは、ちょっと難しく言うとNAD依存性脱アセチル化酵素群です。

 

簡単に言えば、体内で非常に重要な役割を担っている酵素(たんぱく質)ってことです。

 

そのSIRT1(サーチュイン)やSir2(サーツー)、(哺乳類SIRT1では、酵母ではSir2)は、いわゆる長寿遺伝子・若返り遺伝子と呼ばれています。
最初に発見されたものは酵母のSir2(サーツー)です。

 

人間のサーチュインは7種類(SIRT1〜SIRT7)知られており、ヒトのSIRT1(サーチュイン)は、酵母のSir2(サーツー)に高い相同性を示します。

 

そして、このサーチュインは、食物不足など少ない食料での生活という環境ストレスで活性化されて、細胞修復などに効果を与えることが分かっています。

 

サーチュインは、生体機能の調整役として働いているということです。
つまり、サーチュインやサーツーが活性化した場合、細胞の寿命を延ばしてくれるのです。

 

それが長寿につながります。

 

しかし、「少ない食料での生活なんてできない」とあきらめないでください。

 

ちゃんとサーチュイン遺伝子を活性化させる方法があります。

 

それは、ポリフェノールの一種、「レスベラトロール」という物質です。
この物質には、サーチュイン遺伝子の働きを活発化させる効果があるといわれています。

レスベラトロールとは?

レスベラトロールは、ブドウ果皮や赤ワインに多く含まれている成分です。

 

いわゆるポリフェノールの一種で、カテキンなどと同様、天然の抗酸化物質です。
試験管内や動物実験では、レスベラトロールは、通りやすく弾力のある血管を保つのに役立つことが分かっています。

 

実験室で行なわれた研究では、動物のガン進行を妨げることが報告されています。

 

そういった研究結果からレスベラトロールが人間にも有効だといわれています。

 

フランス人は、高脂肪で高カロリーの食事を楽しんでいるのに、なぜ長生きなのか?
同じ高脂肪・高カロリーの食習慣のアメリカ人よりも,心臓病になる確率が低いのか?

 

その答えとして、ニューヨーク・タイムズ紙によると、「レスベラトロール」ではないか?と推測されています。
つまり、フランス人の赤ワインの消費量は世界一ということで、レスベラトロールを多く摂取しているからだと。

 

でも、ワインを大量に摂取しないと効果を発揮しないので、日本人がレスベラトロールの効果を期待した摂取量を確保しようとすると、サプリメントが現実的です。

レスベラトロールのサプリメント

現時点でレスベラトロールの副作用は報告されていません。

 

広く知られた医薬品のうち、レスベラトロールと否定的な相互作用があるものはありませんので安心して使える成分です。

 

レスベラトロールの含まれている5種類のサプリについてネットで調べ、その中で一番いいと思ったのが日本レスベラトロール株式会社

 

基本的に海外のサプリはあまりおすすめできません。
法律が違うので、不純物が多いので毎日飲むにはちょっと不安です。

 

なので、日本レスベラトロール株式会社なら自信をもっておすすめできます。
名前に「レスベラトロール」を付ける専門の会社です。

 

その会社のプライドをかけた商品が「ハイブリッドレスベラT」です。

 

レスベラトロールが濃縮されており、摂取することでサーチュイン遺伝子が活性化されるでしょう。

 

下記サイトで確認してみてくださいね。