「バストアップ」のツボってあるの?

「バストアップ」のツボを探しました。

バストは女性にとってはシンボルのようなもの。
美しく見栄えが良いと、それだけで女性としての魅力がぐっとますのです。

だから
「ちょっと自分のは他の人に比べて小さいかもしれない」
と気にしてコンプレックスになってしまっている方も多いようですね。

そんなあなたに教えたい
バストアップのツボです。

バストアップできる、ツボがあること皆さん知っていますか?

ツボを指圧することによって女性ホルモンの分泌を活発化させて、
リンパの流れをよくすることで
バストアップすることができるというもの。

しかも女性ホルモンが活発になれば
バストアップだけではなくお肌まで美しくなって一石二鳥ですね。

さて、そんなおいしいツボ一体どこでしょうか?。

ツボは合計4つ。

まずは「だん中」
左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中。
ここをゆっくり少しずつ強めに3秒間押してください。

それから徐々に力を抜きながら指を離す。
これを5回程繰り返すのです。

次に「天溪(てんけい)」
乳首と同じ横ラインの高さに位置し、左右両側に位置します。
ここを左右の乳房を持ち上げるように
天溪ツボから内側に向かってゆっくり押す。

次は「渕腋(えんえき)」

乳首からだいたい10センチ程外側の脇の下、左右両側にあります。
ここをゆっくりと親指で左右両方同時に押す。

最後に「乳根(にゅうこん)」
乳頭から指2本ぶんくらい下にあるツボです。
こちらも左右両側にあります。
ここを指で3秒くらい押しゆっくり離すというのを数回繰り返します。

これだけでバストアップできてしまうなんて驚き。

ツボを押すときはお風呂に入っているときがオススメ。
リラックスできてストレス解消になります。

================
外反母趾の自力克服を始めるのに時期は関係ありません。

  • 中村静雄※外反母趾
  • 「どうして、自分は外反母趾なんだろう?」と悩んでいるのはもうおしまい、
    ここで、手術をしない改善するすべての正しいやり方が解説されています。

    バストアップに欠かせない乳腺と女性ホルモンとの関係

    バストアップしたいですか?
    女性なら一度は、自分のバストをもっと大きくしたいと思うものですよね。

    もともと大きな人は…
    もっと形を…とか、
    永遠に続くバストへの欲求。

    女性にとってはとっても大事なチャームポイントと考える人も多いのではないでしょうか?
    また、それとは逆に、コンプレックスに感じている方も多いと思います。

    一口にバストアップといっても、一人ひとりの顔が違うように、バストもさまざまなものです。
    これまで豊胸手術やバストアップのためのマッサージやクリーム、サプリメントなどいろいろ試された人も多いと思います。
    まずは、自分のバストがどのようにして、できているかを知ることから始めましょう。

    そうする事で、冒頭に「バストもさまざま」と書きましたが、バストの張りをよくしたいのか、それとも形をよくしたいのか、といった具体的で理想のバストアップに近づけます。

    そこで、バストアップに欠かせない乳腺と女性ホルモンとの関係に絞って説明しましょう。
    というのも、女性ホルモンが減少すると、乳腺の発達が少なくなり、またバストの張りもなくなるといわれているから重要なことです。

    したがって、理想のバストアップに近づくためには乳腺と女性ホルモンとの関係が最も大切なのです。
    それでは、どのようにして女性ホルモンを摂取すればよいのか?

    女性ホルモンで、バストアップと特に深く関係しているのは、エストロゲンです。
    エストロゲンは、植物性エストロゲンとして野菜やフルーツに多く含まれ、なかでも、大豆イソフラボンは、エステロゲンと似た生理作用を持っています。

    しかし、実は経口摂取ですと腸で分解されたり、肝臓で分解されたりと、その効果が十分には期待できないのが欠点です。

    なので、膣坐薬や膣ジェルなどに加工されたものや皮膚から直接吸収する塗り薬などから摂取してください。
    これでかなり効果があります。
    さあ、魅力的なバストを作りましょう。。。

    =====================
    復縁をするのに時期は関係ありません。

  • 高山真理※復縁
  • 「どうして、寄りを戻すことができないんだろう?」と悩んでいるのはもうおしまい、
    ここで、復活愛のすべての正しいやり方が解説されています。

    バストアップに手術は逆効果

    バストアップに手術は逆効果!? 。

    私の持とに相談にいらっしゃる人たちのほとんどが、 この豊胸手術に不安や心配、そして金銭的な面で悩んでいる事が多いのです。

    実際に、豊胸手術で失敗した事例は数多く報告されています。

    これはシリコンバッグを詰め込み豊胸効果を得るのですが、 形が不自然ですぐに分かります。

    結局、クリニックを訴える事も出来ずに、 泣き寝入りしてしまう女性がほとんどというのが現状です。

    そして、食塩水バッグ。

    また、思い切って豊胸手術に踏み切ったとして、万が一失敗してしまっても、 保健は適応外、弁護料は高額・・・相手のクリニックに敵う術はないのです。

    よく考えてからご決断させる事を強くお薦めします。

    最近では芸能人を初めとする多くの方が豊胸手術を行っており、 100%安全!。

    さらに、最近では“プチ豊胸”と呼ばれ ヒアルロン酸注入を行なう豊胸手術もありますね。

    しかし、手術から何年か経過すると バッグが割れたりして片方だけ小さくなったり、 もれたりして、体調不良を引き起こす方もいます。

    インターネットで「豊胸手術 失敗」で調べて頂ければ、 恐ろしいほど現実をご理解頂けるはずです。

    と思うかもしれませんが、絶対に安全だという事は言えません。

    まず一昔前まで最も主流だったのは「シリコン」です。

    経済的に余裕がある方にはお薦めですが、一度ヒアルロン酸を注入し、 効果がなくなる頃には以前よりバストの乱れは目立ってしまいます。

    また、バッグを詰め込む豊胸手術は 「彼氏にバレた」「自分でも触ったときにガサガサしているのが分かる」 と訴えている女性もいます。

    また乳がんの要因になる事から近年は懸念される傾向が強いです。

    しかし、ご存知の方も多いと思いますが、 ヒアルロン酸注入による手術は、時間が経過すると持とに戻るため、 数ヶ月置きに注入しつづけなければいけません。

    生理用食塩水が注入されたバッグを詰め込むものです。

    「どうしてもバストアップしたいけど手術は怖い・・・」
    「そこまで大金をかける事は出来ない・・・」
    「豊胸手術をして失敗した御友達がいるので怖くて出来ない・・・」
    あなたも、このような気もちになった事はありませんか?。

    他にも 「バストアップクリームを使ってマッサージをしていても大きくならない」という悩みもありますね

    =================
    バストアップトレーニングをするのに時期は関係ありません。

  • 谷玲子※バストアップ
  • 「私はどうして、胸が小さいのだろう」と悩んでいるのはもうおしまい、
    ここで、貧乳改善のためのすべての正しいやり方が解説されています。