太ももは、食生活やサプリメントだけでは細くなりません

運動が大事ですので、太もも痩せ運動を紹介します。足を肩幅くらいに開き、両手を頭の後ろで組みます。

足を前に投げ出して座り、お尻を床からあまり浮かせないようにして腕を振りながら、お尻を使って前後に進むことで、骨盤矯正が出来ます。

もう1つは、テレビを見ながら、もしくはお風呂上がりなどにやると良いかと思います。

他の部分痩せでも申し上げましたが、常に痩せたい部分に神経を集中させながら運動すると効果が倍増するのです。

日頃から気を付けて、歩くチャンスをつくりましょう。

その他、お尻痩せ運動として、『内側重心』といって家事をするときの数分間でも、足の裏の内側だけに重心をかけるようにして歩き、立つようにすると骨盤が矯正されて太ももも引き締まり、お尻痩せにつながりますので、これも忘れないようにしましょう。

外歩きは長時間が無理でも、ほんの少しでも効果はありますので、短時間でもできるだけ「大股で歩く」「一直線上を歩くように意識して歩く」「足の裏全体で着地するようにして歩く」「早歩きで歩く」などのことを意識しましょう。

ですから、お尻痩せは骨盤の開きを矯正する事から初めます。

次は“お尻”です。

骨盤が歪んでいると、オナカ回り・お尻に余分な脂肪がつきやすくなるほか、足の筋肉が偏った使い方になるために、効率的な筋肉が使えなくなり、余分な脂肪がつきやすくなります。

ポイントは太ももに神経を集中させることです。

その体勢で腰を少しずつ落とし、太ももに1番力がかかるところで止めます。

太ももに神経を集中させて「1~5」を数えます。

これを数回つづけるのですが、骨盤を元の位置に戻す効果もあり、お尻の体脂肪を燃焼させるのにも効果的です。

特に妊娠出産を境にヒップサイズが大きくなった人は骨盤を正常な状態に戻すことが大切です。

日常気を付けることでは、歩くことがお尻痩せ運動に効果的です。

これを、朝と夜に5回ずつ繰り返します。

動きを早くすることで、太ももがより引き締まります。

お尻痩せのための【骨盤矯正運動】から簡単なものを2つ程紹介します♪① イスに腰掛けて膝を90度に保ったまま、足を床から3cm程浮かせ、15秒キープ。

やり方は簡単で、仰むけに寝て、足を片方ずつ、天井にむけて上げ下げするだけです。

② お尻歩きです。

このようにお尻痩せなど、全ての部分痩せは、ダイエット期間だけ注意するというのではなく、日常生活の一部に取り入れ、習慣化して頂戴

====================================

おならに対して恐怖がなくなった、おならを我慢する必要がなくなったと評価の高い方法ですね。

  • 鈴木進※おなら
  • おなら改善を始めるには遅すぎると思わないでください、、
    あなたがおなら対策を成功さえることは、いつでも十分可能なのです。

    2011年10月19日 | Posted in: 部分痩せ | コメント非対応

    コメントは受け付けていません